ウラタネカツドウ4。。。




(※本日、ちょっと長文です。。。あしからず)

 

事の発端は、
《彼女》のコノ一言から。。。
 

 

『な〜、無理なお願いゆって良い?』

 

でた〜!!!
私は、《彼女》のコノ一言に弱い。。。
この《彼女》とは、
これまでもブログに登場の
ダンサーの大親友である。
彼女はコンテポラリーという

ジャンルの踊り手で、
このジャンルは結構理解するのが難しい。
でも、じんわんりじんわりと伝わってくる
何だか解らない“何か”が私には心地よくて、
何より、舞台上での息づかいや表情、
そこにある空気感が病み付きになる。

 

 

そんな彼女から今年一番の難題を持ちかけられた。


『スカートの裾にぐるぐるっと

                                             ファスナー付けれる?』
『イメージはサーカス。でも、あくまでイメージやから

                                                   それメインじゃなくて。。。』
『ファスナー部分は取り外せて、

                                         それがしっぽになって。。。』

…彼女の舞台への発想は無限に広がる。
私は毎回出されるその難題
いつしか楽しみになってきていた。
打ち合わせの段階では、自分でも

びっくりするほどのイメージが入ってきて、
頭の中では完成図が出来上がってしまうのだが、
いざ作業に取りかかると、その行程の多さに
今回ばかりはお当て上げ寸前だった。

 

 

そんな前置きは良いとして、

彼女の妄想/構想。。。
そしてこれからの可能性が
詰まった今回の舞台。
練習風景は何度か

お邪魔させてもらっていたけど、
やっぱり本番の照明と舞台独特の空気感が
私を虜にしたのでした。

 

 

その舞台の模様を撮影した写真を
先日、友人に送ってもらいました。
彼女の中を覗いてみてください。


(※携帯からの転送ですので、

                 画像小さいですが、ご勘弁を。。。)





今回は、初の大量注文。。。
全部で6着(5スカート+1パンツ)
写真では解りずらいですが、
スカートには、約3センチ幅の

リボン状になった生地を
段々になるように止め付けてます。
5人全員にイメージカラーがあり、
それに沿った色合いでリボンを組み合わせてます。
裾には、もちろんぐるりファスナーを。。。
今回、この金属のロングファスナーを探すのに
苦労しましたが、知っているようで

知らなかったファスナーの知識を習得出来、
勉強になりました。

 

 

 

『イメージを形にすること。。。』
永遠の難題であり、
終わりは無いと私は思います。
今回もイメージ通りに
出来上がって、
満足してもらえました。
良かった〜。。。
3日間、おつかれさま。。。