南へ

突然ですが、私は 3人の師匠から木工を学びました。
いや、様々な方から木工や木について教えてもらって

ここまでやってきていますが
 
訓練校の先生 

修行をさせてもらった工房、

木工所の親方 です

 

唐突な話の運びですが、先日、そのうちの一人の師
九州は宮崎で修行させてもらっていた工房
  指物工房矢澤の親方  矢澤金太郎先生に

会いにいってきました。  工房のある場所は 

ほんとにのどかで、山の上ですが 近くや遠くの

山々がつくりだす稜線が伸びやかに臨める

開けた所にあります。
懐かしい景色をみながら先生や工房の皆さんと

ゆっくりとお話ができてとてもリラックス出来ました

工房の前庭の景色のいい特等席に

エクステリアのイスが置いてあります
そこで仕事前の早朝、ひそかに 山を見ながら

珈琲を飲むのを楽しんでいた修業時代を思い出しました。
あのころからどれだけ前に進めているのか、

蒼くそびえる山に胸を張って言えるようにと
台風の過ぎた晴れ渡る空に約束をしました。