『ある文筆家の暮らし』 no.2 

彼は文筆家である

 

名前はまだ売れてない

 

やはり彼の愛猫には名前はない